• 2007.10.16 Tuesday
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | by スポンサードリンク | - | - | - |

  • 2007.08.05 Sunday
  • 四つの道
四つ辻案内

四つ辻とは、文字通り四つの道が交わる所。本殿からは、数多くの石段を上っておよそ20分〜30分かかります。



本社へ

本殿から、熊鷹社そして三つ辻を経て上がってくる道です。この石段を上り、振り返ると京都市内を見下ろすことができ、ほんのひととき疲れも忘れます。(参照 2007.07.01「岩場」)



左回り

四つ辻から右、三ノ峰、二ノ峰、そして一ノ峰という順でお山をひと巡りする参道です。お山をひと回りして、次に紹介する道に出まして再び四つ辻に戻ってきます。



右回り

本殿から四つ辻へ上がってきた道をそのまままっすぐ谷間に進む道は、大杉社、御膳谷から一ノ峰、二ノ峰、三ノ峰と、先ほどの道とは逆回りでお山を巡る参道です。歩き出しは、なだらかな道が続き楽そうな感じですが、全体的に見ると四つ辻から先ほどの右へ行く道のほうが少しは楽だと思います(が、いかがでしょうか?)。



荒神峰へ

四つ辻から左、荒神峰そして御幸奉拝所へ続く道です。石段を上ると、荒神峰(田中社)、そしてその田中社を通りすぎると、展望ポイントが現れます。さらにまっすぐ進んで御幸奉拝所です。荒神峰へ通じる石段の途中で左手に折れる道があり、そこを通ると荒神峰を経ることなく(そして、展望ポイントを経ることなく)御幸奉拝所に行くことができます。


こちらのマップも参考にしてください。伏見稲荷大社HP大社マップ(わかりやすいです!)



ご覧いただきましてありがとうございます。次回更新もお楽しみください。
ブログランキングに参加してます。クリックよろしくお願いいたします!
banner_03



  • 2007.07.01 Sunday
  • 岩場
四つ辻の岩場

稲荷山、四つ辻まで登る。四つ辻にはこんな岩場がある。子どもはこういうところが大好きだ。このすぐ先は崖になっており、思わず足がすくんでしまう。

ここからは京都市南部の街なみが展望できる。四つ辻までは結構な登りで、だいたいがへとへとに疲れてしまうのだが、ここからの見晴らしは、へとへとになりながらも登ってきたかいがあるというものだ。



四つ辻からの展望

残念ながら今日はくもり。全体的に霞んでますね。今度は天気のよい日に来たいものです。

京都情報ブログランキング スナップ写真ブログランキング


<<new | 1 / 1pages | old>>
 
PROFILE
フカクサ ノボル

1972年生まれ、会社員。

週末は
伏見稲荷大社を歩く。
境内を散歩し、
鳥居の道をくぐり、石段登り、
日常のストレスを
癒します。

伏見稲荷大社を歩きながら、
いろんな情景を
写してみたいと思います。
写真はまったくの素人ですが、
伏見稲荷大社を
訪れた気分になっていただければ
嬉しいです。


Blog Ranking !!!
banner_03
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ


TRACKBACK
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.